海外Q&Aサイトの「15分後にあなたは任意の時と場所に送り返されます。そこに着いて、もう15分経ったらあなたの存在は消え失せます。どうやっても避けられません。この30分間で何をしますか? その理由は?」という質問から、回答をご紹介。


759386

■回答者(アメリカ)
まず銃とノートPCを、それから自分の店に行って結束バンドとダクトテープを引っつかむ。

必要なのはそれだけだ。

それから2017年11月15日午後5:45(中部標準時)の、家の裏手にある24歳の息子のアパートに行く。息子に銃を突きつけて、店の裏にある輸送コンテナに連れて行く。結束バンドとダクトテープで手と脚を縛る。愛していると言って、口もダクトテープで塞ぐ。コンテナは外から鍵をかける。

それから妻にメールを書いて、息子の居場所、そしてお前と5人の子供たちを愛していると伝える。メールは同じ日の午後9:30に自動的に送信されるように設定する。ノートPCは店に隠して、自分が消え去るのを待つ。

なぜこんな奇妙なことをするのかって? この数週間、過去に戻れたらと何度も考えていたんだ。また自分の人生を誰かと交換できないかともずっと考えていた。君の質問はその両方を必要とするものなんだから、私はためらわずにやるだろう。

理由は簡単だ。息子は午後5:30頃に仕事から帰った。彼は着替えて、6時過ぎにガールフレンドの父親がトランスミッションを外すのを手伝いに行った。それが終わって、9時過ぎに家に向かった。思った時間に家に着かないので、私たちは心配していた。Googleの「スマートフォンを探す」のアプリを使って、息子のスマホの位置が分かった。彼は家から1マイルほどの場所にいた。私と彼のガールフレンドは探しに出た。その途中、高速が緊急車両で封鎖されていた。私たちはそれが工事か何かで、息子は渋滞に巻き込まれていることを願った。高速の逆向きの道に戻るのに長い迂回をしなければならなかった。巨大な残骸が置かれた中央分離帯に着いた。警官は私たちに挨拶して、家に帰って医者からの電話を待つようにと説明した。彼は息子のに該当する車があって、男性のドライバーが亡くなったことを確認していた。数分が数時間に思え、数時間は何日にも感じられたが、午前3時を過ぎてついに電話がかかってきた。

帰り道に、息子は発作を起こした。車は中央分離帯を越えて、砂利を運んでいるトレーラーに衝突した。どっちも時速70マイル(※約113km)で走っていた。息子は即死だった。愛する息子2人を残して。

2人の子供に父親を取り戻してやるためなら、私は自分の人生と、今まで手に入れた全てを引き換えにしてもいい。彼は素晴らしい父親だった。私の誇りだ。私の息子であり、この数年は私の親友になっていた。これからも寂しい思いをするだろう。


追記:

ワオ。こんな閲覧数とUpvote(賛同)がつくとは思ってなかった。今ちょうど別の質問に、冗談っぽい回答をしたとこだよ。

リンクをいくつかシェアしたい ― 息子の訃報、事故についての新聞記事、最後に息子の雇い主が子供たちを支援するために立ち上げたサイトだ。

最後のやつは、この状況で金儲けしようとしているみたいに思われそうで気が進まないが、将来的には大いに子供たちの役に立つと思っている。

Obituary | Tyler Gage Blankenship | Owens & Brumley Funeral Home & Cremation Center

Van driver killed in wreck on Fort Worth highway | Fort Worth Star-Telegram

A memorial fund for The family of Tyler Blankenship on Plumfund.com
※募金は終了しています。

息子の子供たちのために寄付する気になってくれたら大変ありがたい。葬儀費の後、残りは将来父親がいなくてもやって行けるように大学進学資金に使う予定だ。



↑コメント1(アメリカ)
君はとてつもない男だ。辛いことに違いないのに、よく話してくれた。シェアしてくれてありがとう。息子を失いかけた父親から、息子を失ってしまった父親へ、お悔みを申し上げる。


↑コメント2(アメリカ)
お悔みを申し上げます。私は今年の1月に息子を亡くした。よく同じことを考えたよ:自分が間に合っていたら、息子があの注射器を使うのを止めていたのにと。あの出来事で私の人生は多くの点で変わったし、それは君も同じだと思うが、今の私は過去に戻りたいとは思わない。一番大きな理由は、自分がするべきだったことを責めることになると思うからだ。君の信仰が何か、あるいは信仰を持っているかどうかも分からないが、神はこれが起こることをご存知で、起こることを許したというのが私の信仰だ。

私の場合で言うと、息子がドラッグで亡くなったのは酷いことだった。あれから1年、彼の死は多くのことを教えてくれて、私は同じような恐ろしい経験をした多くの人たちに向けて、語ったり書いたりした。息子の死をシェアすることで、喪失感に耐えられるようになった。

毎日そのことを考えて生きているし、君もそうなるだろう。今でも号泣する日がある。実際、今日は息子の誕生日、彼のいない初めての誕生日だ。本棚に写真と彼の骨壷だけを置いてきた。だが、過去に戻りたいと思ってはいけない。物事には理由があって、君はおそらく長い間それが分からないだろう。死よりも悪いものがあるんだ。ただ孫たちを愛し、父親がどんなに偉大な男だったかを語り続けることだ。乗り越えることはなくとも、乗り切ることはできる。君と家族に神の祝福がありますように。


↑コメント3(アメリカ)
車の残骸のところまで読んで涙が止まらなくなった。恐ろしい、そして美しい回答だ。シェアしてくれてありがとう。

お悔やみ申し上げますという以外、特別な役に立つ言葉もない。

私にあるのは非常に強い感情だ。その一つはもちろん悲しみだが、また何か ― ひょっとすると悲しみよりも強い何かもあって、ただ名前はつけようがない。

この感情の原因は、確実に、君はその状況に置かれたら語っている通りのことをやるだけでなく、仮に手を引いて自分の人生を続けて行く選択肢があったとしても、やはりそうするだろうという事だ。もし私が間違っているなら、君がまだ自分を必要とする誰かを見捨てないということ以外に理由は想像できない。

それが誰であれ、彼らのことは何も心配はいらない。


↑コメント4(アメリカ)
この事故が起こって新聞で読んだ時のことを覚えてる。お悔やみ申し上げます。この件について話すことで、ある程度気持ちの整理ができたらいいと思う。あなたとご家族に沢山の愛を。




翻訳元:Quora



ご冥福をお祈りします。



関連記事:
外国人「1914年のロンドンにタイムスリップしたらどうする?」
外国人「現代人が1000年前のヨーロッパに行ったらどうなると思う?」




家族を亡くしたあなたに―死別の悲しみを癒すアドバイスブック (ちくま文庫)