海外Q&Aサイトの「大阪と東京のどっちに行くべき?」という質問から、回答をご紹介。


733927

■回答者1(アメリカ)
どちらか一方を選ばないといけないのなら、東京にしろ。やることがずっと、ずっと沢山ある。

しかしこれは実のところ、君が何を期待しているか、何をしたいか、何日行くか等によって変わる。

他の回答者も指摘しているように、ジャパンレールパスを手に入れれば2~3時間かそれ以内で両方行けるし、観光シーズンのピークでなければ予約も不要だ。単に駅に行って、みどりの窓口でパスを見せて、次の列車に乗せてくれと言えばいい。最大20分待ち(プラス、みどりの窓口で5~20分)だ。

東京と大阪の間は2.5時間程度。京都と大阪は在来線で1時間、新幹線なら30分だ。

東京からの日帰り旅行は箱根、日光、鎌倉(そして東京の一部と考えないのであれば、横浜)。大阪からだと神戸、京都、奈良・・・

しかし仮に君が東京にいたとしても、私なら日帰りで大阪、京都、広島の宮島に連れて行く。別に日帰り旅行を勧めているわけではなくて、何ができるかを指摘しているだけだ。朝6時に新幹線に乗れば10時には広島に着く。帰りは午後8時とかそれぐらいのに乗れればいい。

それでも一つだけ選ばなければならないとしたら、私の意見は東京>大阪だ。大阪の人々の方が温かくて友好的だとよく言われるのは知っているが、観光客としては私は一度もそういう経験をしたことはない。大阪には10回ぐらい行ったが、違いは見当たらなかった。君が普通の観光客で、観光客っぽいことをするなら、地元民と触れ合うようなことはあまりない、ということだ。

関連記事:
外国人「新幹線ってなんであんな高いの?」



■回答者2
これはコカコーラ対ペプシみたいな有名な「聖戦」質問だが、私の意見としては、東京対大阪の比較は無意味だ。

理由は規模だ。東京の人口は郊外を除いても大阪の5倍以上だ。東京は複数の都市の合成物で、それぞれが非常に異なっていて統一性はない。大阪はそういうことがなくて、比較的均一だ。郊外以外だと南部と北部では顕著な違いがあるかも知れないが、どこも多かれ少なかれ似たようなものだ。横浜と大阪の比較のほうが意味があるだろう。比較可能な規模の都市だしどちらも独特の魅力がある。

このスレの他の回答の通り、大阪人が大阪の料理を誇りにしているのは知っている。あれは素晴らしい。大阪には他にはない料理とストリートフードがある。ところが東京の料理について何か知っている人というのは見たことがない。さまざまなスタイルの食べ物が東京じゅうにあるが、一つ挙げるならシーフードだ。東京にはきわめて新鮮で、非常にクオリティの高い、多種多様なシーフードがある。これが選択肢に入ってくる大都市は多くないと思う。江戸前寿司と呼ばれるのもこのためだ(江戸は東京のこと)。第二に、東京は高クオリティの世界の食べ物を選ぶことができる点で並ぶものがない。本場ベトナムの味のフォーが食べたい? あるぞ。庭園のテラスでフレンチのコース? その選択肢もある。東京では大抵がそんな感じだ。選択肢がある。大阪では大抵ないか、あっても東京ほど多くはない。東京の深さには驚愕する。

それから一般的なステレオタイプとして、大阪人はおおらかで、東京人は気難しいというのがある。このステレオタイプには理由があって、表面的には確かにその通りだ。しかし東京人にもっと近づいてみれば、偽の友好的な態度を見せつけたり義務的に冗談を飛ばすのとは無縁の、温かいホスピタリティを見出す筈だ。

最後に、自然。これに関してはフェアな比較ができるから、興味深いテーマだ。東京も大阪も、都市圏内に白い砂浜はなくて、全ては工業化されている。しかしそこを出ると、外洋に面した千葉の無限に続く白い砂浜(東京のすぐ近く)、温暖な神奈川の砂浜、さらには自然のままの伊豆(それぞれ東京の近くと遠く)がある。大阪では? 和歌山か四国まで行かないと「大海」はない。とはいえ東京のように電車に1時間も乗らなくても、緑はずっと多い。

それ以外だと、私は大阪が好きだということは認めなければならない。東京ほど混雑していないし公共の場にバカも少ない。食べ物はクオリティのわりにずっと安いし(健康的ではないかも知れないが)、東京にはない大阪独特の魅力、独特の雰囲気がある。東京はエリアによって違った雰囲気があって、一ヶ所に複数の都市が集まっていて、しっかり結びついてはいるがなお別々という感じがする。



■回答者3(ニュージーランド)
多分偏っていると思うが、私は日本ではずっと関西で暮らしてきて、たまに旅行で東京に行った。東京に住みたいと思ったことは一度もなくて、何だかんだで結局大阪の方が好きだ(実際に住んでいるのは奈良、大阪から目と鼻の先)。

私の好みでは:

東京は巨大すぎ、混雑しすぎ、人多すぎ。一般に大都市は好きではないが、東京の膨張ぶりは凄まじい。

東京の人はよそよそしくて冷たい、外国人に日本語で話したがらないと聞いている。大阪人は、ニューヨークと比較したシカゴの人みたいなものだ。気さくで打ち解けた態度、ちょっと厚かましいが心は温かい。見たままだ。一方東京の人たちは、うわべを取り繕っているように思う。

関連記事:
外国人「なぜ大阪の人は他の日本人に比べて無礼なの?」

大阪は海やビーチ、自然が近い。東京にも海はあるが、埋め立ててあるか、工業用地と工場で埋まっている。東京では実際ほぼ海を見たことがない。

大阪の食べ物は素晴らしいし、大阪人は食文化を生きがいにしている。お好み焼き、ラーメン、たこ焼き、くいだおれ等。東京の人は一体全体何を食ってんだろうね?

大阪の人たちは16世紀からずっとここに住んでいるから、歴史がにじみ出ている。大阪城はレプリカだが、姫路城は今もオリジナルだ。奈良には1300年の歴史がある。



■回答者4(アメリカ)
質問はこう書き直すべきだな。「大阪と東京に行くべき?」大阪と東京は新幹線で数時間しか離れていない。朝に大阪を発って列車で東京へ行き、夕景色を堪能して最終に乗って大阪に戻るのは簡単だ。あるいは東京に滞在してもいいし、あるいは両方無視して京都かどこかへ行ってもいい。なぜ自分を制限するんだい?



■回答者5(オーストラリア)
個人的に、日本で初めて行った都市が大阪で、僕は人も食べ物も文化も大阪の方が好きだ。日本の食べ物の多くや流行の元祖が大阪だ。しかし東京は行ったことがなければどんな感じか絶対分からないし、見なかったら後悔するだろう。だから一つしか行けないのだとしたら、東京を見に行くのが良いと思う。



翻訳元:Quora



これは回答が分かれますね。



関連記事:
外国人「日本に行くんだけどアドバイスある?」→「計画を立て過ぎないこと!」
外国人「日本を訪れての印象は?」→「ぜひまた行きたい!」「国全体がスラム街だったわ」




回転どあ・東京と大阪と (講談社文芸文庫)



スポンサーリンク