海外Q&Aサイトの「日本で一番尊敬されている職業って何?」という質問から、回答をご紹介。


1097748

■回答者1(イギリス)
「先生」と呼ばれることがある仕事は大体そうだ。これには医者、弁護士、教師(特に大学レベルの)、会計士、あるいは芸術や(特に日本では)趣味で熟練の域に達した人々(例えば音楽、剣道、柔道、生花、舞踊、その他色々)が含まれる。



■回答者2(アメリカ)
上の回答に同意。先生(teacher / master / doctor)という肩書(文字通りには「先に生まれた」)がつく人は尊敬されることが多い。

概して、何かを成し遂げた人への敬意 ― 本当の、心からの敬意 ― の一般的なレベルは、米国よりかなり高いと思う。これは非常に上手く機能していると僕は思う。マイナス面らしきものは見たことがない。敬意が当然で、敬意を抱く側も受ける側も、どちらもそれに満足している。

僕はアマチュア音楽家で ― 先日、僕がコントラバスを弾いている大阪府医師会フィルハーモ二ーが、大阪のザ・シンフォニーホールでシューベルトの「未完成交響曲」とリムスキー=コルサコフの「シェエラザード」の素晴らしい演奏をした。指揮者はプロで、プロはトレーナーをすることも多いし(オーケストラの練習で)、コンサートにはエキストラ出演もする。言いたいのは、こういう熟達した音楽家は僕からも他の誰からも、堅苦しくもなければ異常に形式張ってもいない、最高レベルの敬意を払われるということだ。

僕がどれだけ狭量になることがあるか話しておくと、オーケストラでは僕に敬意を払わない人はいないが(僕は自分のセクションを率いている)、みんな「先生」ではなく「さん」付けで呼ぶことが多い。彼らの世界では「先生」と言えば当然医者だからだ。これがほんのちょっとイラッとくるんだな。どっちの方が長く学校に通ったと思ってるんだ? 僕の方が長いんだぞ! ふん!



■回答者3
日本は単純に驚きで、特別な国だと思ってる。

日本ではどの職業も等しく尊敬される。つまり、日本の社会全体が個々人の平等という考えの上で動いている。

偏った考えに聞こえるかも知れないけど、日本と日本人は誰でも自分が特別な存在だと感じさせてくれる。だから私は単純に大好きだし、外国人には日本人が働き者でマシーンみたいだと思う人が多いけど、でも実は人生を最大限楽しむ方法を知っている黄金の心を持っているのよ。

関連記事:
外国人「日本や韓国は働きすぎだから、左翼政党を支持してヨーロッパ並みに生活の質を向上させるべきだと思う」



■回答者4(アメリカ)
医者と弁護士。この職業は教育が必要なだけでなく、難関試験をパスする必要があるため尊敬されている。

私が尊敬する職業の一つは公務員だ。米国だと、ステレオタイプな公務員は解雇がありえない仕事をしていて、時にはそれを笠に着て国民をいじめたり足手まといになったりする。君が国民を大切に扱って全力を尽くしている人なら申し訳ない。そういう人も存在はするし、会ったこともあるが、ただそれは例外であってルールではないんだ。

私が東京で会った公務員の大半は、友好的で助けになってくれて、驚くほど効率的だった。公務員は政府の仕事をする資格要件を満たすための試験に合格する必要がある。この試験は簡単ではない。しかしリタイアまで公務員として働けば、日本で最良の退職年金制度が手に入る。私の義父は50代でリタイアした。孫と戯れて過ごしているが、今でも健康で、幸せな男だ。聞いた話だと(純粋に逸話としてだが)、ごく普通の男が安定した仕事と年金保障があるために非常に美しい娘さんと結婚したという夫婦もあるそうだ。



■回答者5(アメリカ)
日本で科学者や研究者(それも将来は教授になれそうな)をしていると、米国以上に職業を尊敬された気がする。

なので科学者や研究者は高い尊敬を受ける職業だと思う。



翻訳元:Quora



一芸を極めたみたいのには日本人弱いですね。



関連記事:
外国人「日本の相撲取りは王族のような扱いを受けてるって本当?」
外国人「日本のエリート層の大半はサムライの名字を持っている。日本は今もサムライの子孫が支配する国だ」





博士漂流時代 「余った博士」はどうなるか? (DISCOVERサイエンス)


スポンサーリンク