海外Q&Aサイトの「今の日本の文化で中国人には理解するのが難しいことって何?」という質問から、回答をご紹介。


1058479

■回答者1(中国系)
公共の場では静かにして、他人に過度のストレスを与えないようにすること。

日本で電車に乗るのはすごい解放感があって、イヤホンなしでも本当にぐっすり熟睡できる! すごい解放感だ。

あと公共の場では大声で話しすぎないこと、ルールに完全に従うこと。

中国がここ20~30年で成し遂げたことは大きいし、その速度、ワクワク感、活力、柔軟性に僕は敬意を抱いている。しかしルールは絶えず歪められたり破られたりしているし、中国では誰もが大群衆が好きみたいに見える。もちろんこれはステレオタイプだが、しかし日本は沈黙と一人で行動することを許容していて、これは中国には普通ない。単純な話、日本人は信号無視をしない、以上。そして僕は交通ルールを重んじる。実際白人にもこれをやる人がいたので、日本人なら皆思うことをつい漏らしてしまった。「ちぇっ、ガイジンだよ!」そして僕の周りの日本人には笑っている人もいて、楽しい瞬間だった。:D

そして日本のこういうところが実に良いと思っているから、香港に戻って電車の中で大声でぺちゃくちゃ喋っているのを聞かされると、つくづく違いを痛感する。

関連記事:
外国人「なぜ日本にはひどい振る舞いをする白人が沢山いるの?」



■回答者2(中国、モン族)
沈黙。日本に行く前に、自分のために沈黙を守ることを知っていたのはラッキーだった。おかげで日本人も沈黙しているのを見ても驚かなかった。しかし普通の中国人にとって、人が沈黙を保っているのは単に奇怪なことだ。中国人は沈黙に見える受動的な無反応を保つのが普通だが、これに対して日本人は、私の理解する限りだと、沈黙をその効果のために意図的に求めるからだ。

喋らないで人と付き合うこと。普通の中国人は、もちろん的はずれな先入観を持っていないというのが前提だが、日本人を人付き合いが下手だと思っている。日本人は彼らなりのやり方で、あるいは非常に本能的と言ってもいいかもしれないやり方で、交際上手だ。中国人はたくさん喋り言葉を尽くすことに慣れている。日本人は多くは話さないが、しかし感情は非常に豊かで、自分の経験から言うと、その感情は中国人とさして変わらない。ただ、日本人と喋らずに付き合うやり方を中国人が理解し本能的にできるようになるには、途方もない努力が必要だ。

礼、あるいは中国人と日本人の礼儀。まあ中国人は、特に若い世代になると、もう礼とは何かを知らない。私の小さい頃は、夕食に集まるとみんないつも「喋らずに礼儀を示せ」と言っていた。この種の礼儀の背後にある思想は、それが生まれた国では失われたと思う。一般に中国の日常生活で、それが入りこむ余地はない。一方それを日々使っている日本人にとっては最高の重要性をもつ思想だが、中国人は教わらなければ把握できないだろう。

気。「気を付けて」(※原文ママ)というのが何を意味するのか、そして「気」とは何なのか、ずっと疑問だった。私にとっては遠い、曖昧な、しかし幾分馴染みもある存在だった。それは理性ではなく本能に関係するものだ。だから大抵の中国人は本能を働かせなければ「気」を知ることができないだろうし、それは中国での人付き合いの仕方とはまるで違う。

食べ物と飲み物の扱い。今の中国人は道を歩きながら食べたり飲んだりするが、日本人はやらない。彼らは食べ物と飲み物に向ける態度について、そして他人が食べたり飲んだりする際の振る舞いについて、ある明確な思想を持っているからだ。こうした思想について知らなければ、中国人には理解しがたいことだと思う。



■回答者3(中国)
ポルノスターや売春婦が日本では広く受け入れられている理由が、いまだによく理解できない。

日本には巨大なポルノ産業があるという事実は知っている。表向きは、日本人は礼儀正しく、シャイで、比較的おとなしくて、等々だ。ところが日本で毎年作られる膨大な量のポルノ作品を覗き込んでみると、そうした表向きの性格とは相容れないように見える。

もちろん、ポルノスターは得意になって人気TV番組とかに出演することができるが、生涯の伴侶(夫や妻)を見つけるのは容易だろうか? 僕みたいな普通の中国人にはほぼ理解できない。

関連記事:
外国人「なぜ日本にはあんな沢山のAV女優がいるの?」



■回答者4(中国)
モザイク。いつも見たいところを隠す。



翻訳元:Quora



逆になぜ静かにできないのか・・・



関連記事:
外国人「なぜ韓国人と日本人は外国で悪いことをすると中国人のふりをするの?」
中国人「日本人に苦手な中華料理を聞いてみた。1位はなんと・・・」
外国人「将来的に中国と日本のどっちに住んだ方が良いと思う?」




『礼記』にまなぶ人間の礼 (10代からよむ中国古典)



スポンサーリンク