海外Q&Aサイトの「他の日本人といると私の方をまったく見ていないような日本人がいるんだけど、どうすれば会話の最中にアイコンタクトをさせられる?(私は日本語はほぼ流暢に話せる)」という質問から、回答をご紹介。


564520

■回答者1(アメリカ)
あなたが言っているのは、ある日本人とあなたの2人でもう1人の日本人と話していているんだけど、その人があなたのことを見ようとしないで、もう1人の日本人を見ている、という状況だと思うんだけど、いい?

神経科学の研究によると、人の脳は自分と似たものを好むようになっている(『インクルージョンの神経科学』(英語)『道徳的な部族 ― 感情、理性、そして「われら」と「彼ら」のギャップ』(英語)を参照)。ハーバード大学道徳的認知研究所長のジョシュア・グリーン(Joshua Greene)博士は、進化の観点から「協力は集団の間ではなく内部で進化した」と述べている。これにより私たちの遠い祖先は、生き残るための重大なメカニズムとして、一族の外部の人(潜在的な危険のあるよそ者)から内部の人(安全)を素早く見分けられるようになった。

「ある研究では、被験者が『集団内』と認識するものと『集団外』と認識するものの写真を見た際の脳をスキャンした。『集団外』の写真を見たとき、前頭前皮質 ― 認知・自己管理・共感に必要な脳の部位 ― の活動は、『集団内』の写真を見たときよりも不活発だった。」(『インクルージョンの神経科学』)

運動共鳴(他人が何かをするのを見ているときに、脳が自分でそれをやっているかのような似た活動を見せるという働き)は、見た目が似ている人との間でのみ発生する。

これが多分、あなたの探している答え以上のものだということは分かっているけれど、これがどんな人間にも、そしておそらくは動物にも行き渡っている無意識のバイアスだということを認識するのは大事なことよ。

こういう状況で人の振る舞い方を変えるのは非常に難しい。あなたにできる事で一番良いのは、あなたと相手ができるだけ居心地よくなるように、自分の振る舞い方を調整すること。相手が前よりもリラックスしてきたことが分かったら、「山口さんは?」みたいに名前を使ったオープンクエスチョンをして、間接的に相手の注意を引いてもいい。

私は1970年代はほぼずっと日本に住んでいて、その後日本の商社の連絡係として米国に戻った。シアトルの事務所に行ってみると、運営しているのは日本語をまったく話せない日系3世だった。

その人と一緒に日本に行ったとき、レストランで食事をしていると、ウェイトレスがよく彼の方だけを見ていることに気づいた。私はウェイトレスが言ったことを彼に伝えて、それから彼が言ったことをウェイトレスに伝えた ― その上でウェイトレスが私の注文を彼に向かって聞くなんて馬鹿げたことさえあった。これが何度も何度もあった。私に限ったことではないと分かったので、面白いことだと思うことにした。

状況にユーモアを見出すことで、ネガティブな感情からはすっかり救われた。そうした感情は私に悪影響しかないし ― 私にネガティブに影響する! そして他人の中に見て取れるバイアスのかかったような神経経路は捨てること・・・



■回答者2(アメリカ)
プロフィールを確認したところ、君は現在日本に住んでいるんだね。推察するに、君は西洋人とビジネスをしたり海外に住むために会話をする方法を、日本人に対してトレーニングしようとしているんだろう。日本人が他人の目を見るようにさせたいと思う理由として、僕が考えられるのはそれしかないからだ。

他の回答者も言っているが、そして僕も繰り返すが、じっと見つめ続けるようなアイコンタクトは、無礼でやや威嚇的だ。たしかにトレーニングの際には、これを乗り越えるのは非常に難しい ― なので、トレーニングという観点から回答しよう。

君が日本語で話してビジネス英語のトレーニングをしているのなら、日本語で話すのをやめるといい。トレーニングのための特別な「ゾーン」を作り出して、教室の要素もそれに合致するように変える ― 教室をちょっとした国際的ゾーンにするんだ。また振る舞いを理解し模倣させたいなら、そのための実技指導を盛り込んでおく必要があるだろう。

口のどこで音を出すかがもっと分かりやすくなるように、図表を使った発音のプログラムを盛り込むのと(名前を忘れたが、このテーマについて日本で手に入る、いささか高価だが素晴らしい本があったのを覚えている)、教室の外でリスニングをさせるのもお勧めだ。

関連記事:
外国人「日本語を話してアクセントをからかわれた事ってある?」



■回答者3
まあ100%の解決策はないだろう。日本人の中には、というか多くは、単に外国人に対してシャイなんだ。その根底にある理由は、未知のものに対する一般的な恐怖、ステレオタイプ的な外国人の振る舞い方に対する恐怖、あるいはもちろん、恐ろしい外国人の振る舞いを実際に経験したこと(半分以上はこれが理由だと思う)だろう。あるいはプラス面を言うと、ひょっとすると君が非常に魅力的な人間で、そのため人を威圧してしまうんだな。

とは言え、微笑んだり、ジョークを言ったり、相手に質問をしたり、相手に向き合ったりして、「一体なんで俺を見ようとしないんだ?!」と思ってしかめっ面をしたり睨みつけたりはしないのが良いだろう。

日本人の多くはボディランゲージにきわめて敏感だから、君が嫌な、または単に怖い雰囲気を発しているなら、悪循環になるだろう。

最後に、日本語がほぼ流暢だとしても、声のトーンや単語の選択にまだ何か威圧的なところがあるのかもしれない。

関連記事:
外国人「日本語が分からないふりをすれば、日本ではやりたい放題だぜ!」



■回答者4
素晴らしい回答がいくつもあるが、君が考えたことがないかもしれないことを付け加えたい:

アイコンタクトを好まない人もいるんだ。これは君の日本語のスキルとは関係がない。君の見た目とも関係ないかもしれない。僕は話すときに相手の目を見ない。これは日本に限ったことではなくて、日本人の中には(そして日本人以外の中にも)そういう性質の人がいるということだ。

君は自分の質問の意味を本当に考え抜いてはいないか、自分にとっての快適さを他人にとっての快適さより優先しているようだ。自分が快適だと思うことを他人にさせようとするよりも、社会的な状況をもう少し詳細に理解しようとするといいと思う。そうすれば、それほど不快とは思わなくなるだろう。


↑質問者(アメリカ)
正直言うと、この質問を上手く簡潔に言い表す方法が分からなかったのよ。私はこのサイトはまだ初心者だから、質問の詳細を追記する方法も分からないし。

でも基本的に、この質問は純粋に他の人たちがどういう反応をするか見てみたくて聞いたの。私にアイコンタクトしない人に対して、国籍がどこだろうと反感を抱いているわけじゃないし、アイコンタクトを強制したいとも思っていないし、私が外国人だからだとか何とか思っているわけでもないし。

でも少なくとも、日本人に、私が隣りにいてもまっすぐ私に向かって快適に話してもらって、私が話している間もこっちを見ていてもらう方法はないのかなと思ったのよ。私のスキルは十分高いから、普段これが問題になっているわけじゃないけど。とにかく、単にふと好奇心を抱いたの。



翻訳元:Quora



他人と目を合わせるとか怖いじゃないですか・・・



関連記事:
外国人「日本に長く住んでいて居心地が悪く感じることってある?」
外国人「日本でノーって言う時、どうすれば失礼にならない?」




プレゼンは「目線」で決まる―――No.1プレゼン講師の 人を動かす全77メソッド



スポンサーリンク