海外Q&Aサイトの「なぜ日本人は靴を脱ぐの?」という質問から、回答をご紹介。


499294

■回答者1(ドイツ)
必要に由来する習慣だ。西洋の世界がとうの昔に近代に突入していた比較的最近まで、日本は依然として第三世界の国で、道は汚く廃棄物管理は存在せず、スラム街で、西洋の適切な衛生標準(ローマ帝国によって導入されたものなのだが!)がなかったため、病気が制御できないほど広まっていた。1960~1970年代ですら、日本には通りが動物と人間の排泄物であふれ返っているような場所があった。今日でも場所によっては、人が路上で白昼堂々と排便および排尿しているのを目にすることができる。(私が言っているのは中国人観光客のことじゃないぞ!)

そのため、生き延びるためには、子供が床で遊んだりしている家の中には他人の排泄物を持ち込まないようにしないといけない。

西洋では、適切な衛生と清潔さは昔から(日本と比べるとずっと昔から)普通のことになっていて、自分たちが中世にはどんな暮らしをしていたかもう覚えていないほどだ。日本人にとっては、そうした暗黒時代はずっと身近なもので、したがって誰もが気にかけている。彼らが靴を脱ぐことをあれほどまでに強調するのはそのためだ。

だから、興味深いことに、ある文化が靴を脱ぐことにこだわっている場合、それは実際には進歩の表れではなく逆なのだ ― 環境が汚くて病気が多いほど、内部を外部から区別することが重要になる。

これは、日本がそう遠くない過去に第三世界の国だったことをはっきり思い出させるものだ。

関連記事:
外国人「日本を訪れての印象は?」→「ぜひまた行きたい!」「国全体がスラム街だったわ」
→ 同じ回答者1さんの回答。



■回答者2(ブルガリア)
日本人が揃って、これが日本の文化だ、私たち日本人は靴を脱ぐ、なぜならこれが私たちの美しく清潔な文化だからだ、みたいに見せかけようとするのは面白い(あるいは、見方によっては苛立たしい)ことだ。現実には、米国という唯一の例外を除いて世界のあらゆる国が靴を脱ぐ。これは日本的なことでは全然なくて、むしろ家の中で靴を履くのがアメリカ的なことなんだ。ヨーロッパでは家の中で靴を履いている人なんかいないし、アジアのどの国でもきっとそうだ。自分の国で起こることが何でもかんでも独特で自分の国に特有のものに違いないと考えるほど、君の島国根性のレベルが危機的に高いのだとしたら、君は現実に深刻な問題を抱えているということになる。って、君のことを言っているんじゃなくて、このサイトにいる日本人のことを言ってるんだぞ。いやはや。


↑コメント1(フランス)
日本に独特のことじゃあないけど、でも靴を脱がない国はヨーロッパにもたくさんあるわ。フランスでは家の中でも靴を履いているし、スペイン、アイルランド、ポルトガルでも靴を脱ぐように言われたことはない。イギリスとドイツには長い間行っていないけど、靴を脱ぐように言われた記憶はない。


↑回答者2
信じられないな。君がお客さんだから靴を履いたまま中に入れたんだろう。一般に、ヨーロッパ出身の人に聞いてみれば、靴を脱ぐのが標準で、汚い靴を履いたまま家に入るのは受け入れられないと言うだろう。


↑コメント1
フランスについては絶対確実に言える。私はフランス人で、28歳までフランスに住んでた(そして今でも毎年帰っている)んだから。

他の国については、国によって違う:

北欧諸国(スウェーデン、フィンランド・・・)と東欧(チェコ、オーストリア、ポーランド、セルビア・・・)では靴を脱ぐのがルールだけど、西欧と南欧(フランス、スペイン、イタリア、ポルトガル、英国、オランダ、ギリシャ、ベルギー・・・)ではそれほどでもない。

以下のリンクを確認してみて:

おいヨーロッパ人、家の中で靴を履くことについて、お前らの国ではどうするのが標準?(英語)

靴を脱ぐこと - My Czech Republic Message Boards(英語)

家の中で靴を脱ぐことについて質問 - Airliners.net(英語)


↑回答者1
ふーむ。ヨーロッパの国々にはほぼ行ったことがあるが、個人の家に入るときに靴を履いたままってことは一度もなかったな。たぶん君が会った人は単に礼儀正しすぎて、靴を脱ぐように言わなかったんじゃないか?


↑コメント2(ドイツ)
ありがとう! 日本人が西洋人はみんな靴を履いたまま寝るって非難するのは本当にうるさいわね。私たちは子供の頃、忘れ物を取りに靴を履いたままこっそり家に入って、ドイツ人の両親によく叱られたわ。あとデンマーク人のホストマザーは、汚い靴を履いてあのきれいな家に上がるなんてことをしたら、私を袋詰めにして送り返してたでしょうね。少なくともヨーロッパの多くの国では、靴を履いたまま家に入るのは、そうしてもいいと言われてなければ非常に無作法なことになる。靴を脱ぐのに用事よりも時間がかかって、床に何かきれいな覆いがしてある場合は、家の主人が履いたままでいいと言うかもしれない。でも絶対やっちゃダメで、必ず靴を脱ぐと申し出ないといけない。

唯一の大きな違いは、靴を脱ぐためのゲンカンの段みたいな専用の場所がないことね。なので中で脱ぐか外で脱ぐか、自分で見て決める必要がある。最悪の場合、外で脱ごうとすればいい。家の主人が他の場所で脱ぐように教えてくれる。


↑コメント3(中国)
確実に言えるのは、中国人も家で靴を履かない(スリッパを履く)。


↑コメント4
ヨーロッパではみんな家の中で靴を履いている。君は知識不足だ。



■回答者3
日本人は靴の底についた土やゴミを持ち込まないように、家に入るときには靴を脱ぐのよ。

日本人の家を訪れると、ウワバキというスリッパが提供される。通常、これは靴下を履いたうえで履く。裸足が許容されるのはすごくカジュアルな環境だけよ。家の周りをほんの少し散歩する場合は、木製の底のついたバカ(※原文ママ)というサンダルも提供される。これはタバ(※原文ママ)の靴下を履いてから履くので、裸足でサンダル自体に触れることはない。


↑コメント5(日系アメリカ)
やあ。気になるんだけど ― 君はその言葉を日本のどこで聞いたのかな? 家の中では通常「スリッパ」を使って、「上履き」は家ではなく学校やスポーツジムのような場所で使うものだ。「バカ」についても僕は聞いたことがないので、ある地方に特有のものに違いない!

関連記事:
外国人「なぜ日本のホテルではトイレ用スリッパが必須なの?」



翻訳元:Quora



ヨーロッパさんはまず統一見解を出してから日本について語ってほしいです。



関連記事:
外国人「日本人は手を洗わなくて不潔。日本のレストランでノロに何度も感染した」
外国人「なぜ日本人は大きめのサイズの靴を履くの?」




痛い靴がラクに歩ける靴になる



スポンサーリンク