海外Q&Aサイトの「頭の良い人についての最も悲しい真実を教えて」という質問から、回答をご紹介。


■回答者

main-qimg-56b81b9f526407ae78818bc29bc1748d

この子供が見える? 写真を撮ったときは、たった5歳だった。よく見ると、彼が何を書いているのか分かるだろう・・・そう、微積分だ。これはキム・ウンヨン(金雄鎔)、間違いなく現存する最も頭の良い人間だ。IQで200を超えるスコアを記録した初めての人間だった。

キムは5歳までに5ヶ国語に堪能で、最初の2ヶ国語は1歳のときに学んだ。6歳になる頃にはサーカスの少年のようにTVでパフォーマンスをして、目もくらむような頭脳で人々を魅了していた。大学に入学することを許され、8歳で博士号を取った。

彼は子供時代をNASAの将棋の駒として過ごした。若くして途方もない高みに到達したが、しかし・・・何か見落としてないか?

彼はただのガキだったんだ。

彼の子供時代はめちゃくちゃにされ、利用されて人間性を奪われ、18歳になる頃には単なるマシーンになっていた。それを拒めば、人々は彼を失敗作で欠陥品の天才と呼んだ。嘆かわしいことだ。

頭の良い人々は人間という以上に道具と見なされ、彼らより頭の良くない人々の期待に応えることを強制される。

「これだけのことを達成したんだから当然幸せだろ?」と人々は考える。

人は、頭の良い人々に自分の希望と憧れを投影する。これは人間性に対する裏切り以外の何ものでもない。さらに悲しいのは、そうした裏切りをするのがしばしば親や家族だということだ。


↑コメント1(アメリカ)
私は十代になる前にこれを知ってたから、周りに適合するために試験ではわざと悪い点を取ってたわ。いつも良い点を取ってると他の子が快く思わなくて、私と付き合おうとしないと思った。


↑回答者
それは賢くないな。
母がよく言っていた、私の好きな格言がある。「人間なんてクソくらえ」。わざと悪い点を取るなんてことは、もうしないでほしい。


↑コメント1
大学ではやめたわ。ちゃんとした成績を取ろうとしたら実際に勉強しないといけないと分かったから。公立学校での「一番遅い生徒のペースで進める」とは大違いだった。


↑コメント2(スウェーデン)
この投稿とちょっと無関係なのは分かってるんだけど、でもIQ 200ってあり得るのか? 非標準偏差でも使ってるのか?


↑回答者
私は独自の測定基準を使ってるわけではなくて、書いた内容はすべて公式の情報源から取ったことは保証する。キムのIQは人間が到達した最高のIQとしてギネス世界記録に登録されており、現存する最も頭の良い人間に数えられている。164(MENSAの最高値)以上のIQを測定できる機関は10もない。ウィリアム・ジェイムズ・サイディズのような人とは違って、キムのIQはフリン効果とは無縁だ。

参考:
「ウィリアム・ジェイムズ・サイディズ(William James Sidis, 1898年4月1日 - 1944年7月17日)は、アメリカ合衆国の数学者。幼い頃は神童として知られたが、長ずるに及んで隠遁生活に入り、数学の世界から引退してしまった。」
ウィリアム・ジェイムズ・サイディズ - Wikipedia

「「人間の知能指数(IQ)は、年々、上昇し続ける」。この現象は、ニュージーランドオタゴ大学のジェームズ・フリン教授が1984年の研究論文で初めて示したことから「フリン効果」と呼ばれている。」
「人間の知能指数が年々上昇する」というフリン効果は20世紀に終わっていた!? | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト


↑コメント2
IQテストはその人が人口のどの部分に位置するかを見積もるものだ。当時の世界の人口が約34億人だったこと、そしてIQ 193は3,527,693,269人の人間より頭が良いということ、これらを考え合わせれば、私が何を混乱しているのか分かるだろう。

'60年代にあったような古いシステムをまだ使っている人もいるのだろう。これだとIQ 199も可能だ。それでも200に達するのは難しいけどね。


↑回答者
実際には彼のIQは210で、200を超えた唯一の人間ではない。テレンス・タオもいる。70億人の中でIQ 200以上と認定されたのが2人だけなのには理由がある。古いシステムを使ったわけではないし、彼のIQは定期的にチェックされていた。彼についてもっと読めば理解できるだろう。私は彼について詳しい回答を書いたし、他の人たちも書いているが、彼についての本を読むかギネス世界記録を確認することを勧める。もっと深い洞察に満ちた詳細情報が見つかるはずだ。

参考:
「テレンス・タオ(Terence Tao、陶哲軒、1975年7月17日 - )はオーストラリア人数学者。カリフォルニア大学ロサンゼルス校教授。専門は実解析、調和解析、微分方程式、組合せ論、整数論、表現論。」
テレンス・タオ - Wikipedia


↑コメント2
やっと分かった。何千億という人間が地下に隠れているわけだ。その中には今までこの世に知られている最高の天才たちがいて、しかし彼はその誰よりも頭が良い、と。

政府はこれを隠そうとしているが、IQ研究機関だけは勇敢にも真実を明るみに出しているんだな。なんだか手のこんだやり方だが。

こりゃクールだわ。


↑コメント3
ワロタ


↑コメント4
キム・ウン・ヨンは1962年生まれだ。彼のスコアは「比率IQ」(または「指数IQ」、理論上の上限は170になるはず)で、後の「偏差IQ」ではない。

IQの分類 - Wikipedia(英語)

WISC-IV(2008)拡張規範は最高210だ。WISC-V(2014)だと最高155(こちらはまだデータを収集中で拡張規範はない)。

WISC–IV拡張規範(英語、PDF)

SB5(2003)拡張基準の最高は225。

高度能力の測定におけるSB5の使用(英語、PDF)

とはいえ、個人的には130以上は全部「130以上」で構わないと思う(素人にとっては)。

WISC-IVやWISC-Vのような通常のIQテストは、いくつぐらいから非常に高いスコアを正しく測定できなくなり始めるの? 拡張規範テストが必要だと考えるべきはどのあたり? - Quora(英語)



翻訳元:Quora



頭よくなくてよかった!!



関連記事:
外国人「日本人は世界一IQが高いの?」→「障害児を処分してるからね・・・」
外国人「史上最も頭の良い犯罪者と言えば、この日本人」
外国人「人生の中で任意の数字にゼロを1つ付けられるとしたら、何に付ける?」




韓国天才少年の数奇な半生―キムウンヨンのその後



スポンサーリンク