海外Q&Aサイトの「外国人が日本で働くにはN5レベルの日本語で十分?」という質問から、回答をご紹介。


1226088

参考:
「日本語能力試験(にほんごのうりょくしけん、英語: Japanese Language Proficiency Test、略称JLPT、日能試)は、公益財団法人日本国際教育支援協会と独立行政法人国際交流基金が主催の、日本語を母語としない人を対象に日本語能力を認定する検定試験である。」
日本語能力試験 - Wikipedia


■回答者1
要約すると:イエス。

ただし、君が何をしたいかによる。大抵の仕事には(そして生活にも)、日本語が話せたほうが役立つだろう。しかし、私は日本語が一言も話せないのに日本に来て働くことができた。君の専門が私と同じ神経科学の研究でないとしても、英語の教師として同じことをやるのも可能だ。

しかしすでにJLPT N5認定[1]を取得しているなら、理論上、君は「基本的な日本語をある程度理解することができる」はずだ。

読解に関しては:
  • ひらがなやカタカナ、日常生活で用いられる基本的な漢字で書かれた定型的な語句や文、文章を読んで理解することができる。
リスニングでは:
  • 教室や、身の回りなど、日常生活の中でもよく出会う場面で、ゆっくり話される短い会話であれば、必要な情報を聞き取ることができる。
(JLPTのWebサイトより引用)

知らない人のために言っておくと、N5の基準は信じがたいほど低い。日本に住んでいるなら、N5はおそらく1~2ヶ月で簡単に受かるし、私の友人は1年で何とかN3を取った(彼は三重県の何もない土地に縛られていて、日本語の勉強と練習以外、何もすることがなかった)。ただ聞いたところだと、ほぼ日本語だけを話すホワイトカラーの仕事をしたいなら、大抵の会社はN2かN1を持っていることを要求する。ブルーカラーの仕事はもう少し融通がきくし、日本語が上達するのに確実に役立つだろう。日本語がちょっと・・・乱暴になるかもしれないが。

私の日本語は、おそらく非常に下手くそなN3で(今はもうレッスンを受けていないし、私には受験するメリットもない)、まあ良い感じで生き延びることができている ― 日本語版Quoraをはっきりと速く読むのは、いまだに本当に難しい。仕事では業者と会話ができるが、知らない技術用語は同僚に助けてもらう必要がある。また大学のEメールも、非常に冗長で、街中で耳にするような一般的な言い回しは少ない場合があり、苦労させられる。

しかしN2レベルになるには相当の勉強が必要だ。またN1を取った友人によると、読解のテキストはかなり難しくて、試験に出たのはかなり技術的な経済新聞の記事だったそうだ。残念ながら、君が日本で長期で働きたいと思っていて、そして非アジア系の外国人なら、N1到達を狙う必要がある。でなければ英語の教師か底辺のサービス業で終わるだろう(アジア人は日本語が話せるものと決めてかかる会社「も」あるので、上手に話せる必要はあるが、試験を受ける必要はないかもしれない)。あるいはバイリンガルで働く会社を自分で立ち上げるか、そういう国際企業にしがみつくかだ。

脚注:
[1] N1~N5:認定の目安 | JLPT Japanese-Language Proficiency Test(英語)(※→日本語版ページ



■回答者2(インドネシア)
ノー。N5では足りないわ。

多くの国で、日本企業の子会社に入るのに必要なJLPTの最低レベルでさえN2なのよ。日本で働くことを目指しているなら、少なくともN2かN1に合格する必要がある。

N5の能力は日常会話だけに限定されている。日常会話と日本でのビジネス言語は大きく違う。職場では敬語・尊敬語を使わないといけなくて、これを習得するには少なくともN3認定は必要になる。

私はN3認定のときにOJTトレーニングをするため日本に派遣されたけど、悪戦苦闘した。時にはゆっくり話してもらったり、自分の考えを日本語の敬語で表現するのに時間をもらったりしなければならなかった。

そしてみんな分かっているように、日本では会社内の階層制が非常に強いから、間違った敬語を使ったり敬語を使うのをすっかり忘れていたりすると、多くの人や上長の気分を害する可能性がある。

今私はN2認定で、インドネシアの日本企業で働いているけれど、月次ミーティングで誰の気分も害さずに説得力をもって自分の報告書を発表するのには、今でも悪戦苦闘している。

関連記事:
外国人「日本語の敬語って封建的で進歩を阻害してるけど、日本人は何とも思わないの?」



スポンサーリンク



■回答者3
僕の個人的な観察によると、大抵の仕事では少なくともN2かN3レベルを要求される。とはいえ日本語をまったく必要としない仕事を見つけることはいつでも可能だ。探し続けよう!



■回答者4(インドネシア)
全然ダメ。N5だと多分、スーパーで最も基本的な買い物をするのに役立つだけだろう。

N3なら何とかやって行けて、セブンイレブンで働いたりとかの一番単純な仕事ができると思う。しかしそれ以外となると、非常に難しいだろう。

N2以上が必要だと思う。正直、僕は日本語を話す企業で働いていて、N2ぐらいのレベルだと思うけど、中国語を先にやっていたから読むのはすごく得意だ。それでもコミュニケーションにはいつも苦労していて、周りの人と比べて理解するのが一番遅くなることもよくある。

関連記事:
外国人「アニメで日本語を勉強して、日本人が話してるのも完璧に理解できるようになったよ」



■回答者5(ポーランド)
おそらく十分ではない。

日本に住みたいなら、少なくともN2を勧める。



■回答者6(インド)
ありえんわ・・・




翻訳元:Quora



外国人だと敬語は多少間違えても目をつぶってもらえたりするのでは。



関連記事:
外国人「日本語能力試験のN1ってN2と比べてどれぐらい難しいの?」
外国人「あなたの日本語学習の経験を聞かせて」




敬語「そのまま使える」ハンドブック: できる人の「この言葉づかい」「この話し方」 (知的生きかた文庫)



スポンサーリンク