海外Q&Aサイトの「アニメの玩具を作りたいと思ってるんだけど、アニメ会社に許可を取る必要ってある?」という質問から、回答をご紹介。


400947

■回答者1(イギリス)
必要なのは許可だけではない。

以下のものが必要だ:

  1. ライセンス(可能性は非常に高い)。アニメ番組のようなものだと考えればいい。Crunchyrollはアニメ番組をストリーミングする前にライセンスを購入しなければならない。
    それと同じで、馬鹿げたリスクを冒したくなければ、「アニメの玩具」を作るためにいくばくかのお金を費やすことになると思った方がいい。

  2. ライセンスではないとしても、所有者(商標権と著作権を持っている会社)にロイヤリティを支払うことになると思った方がいい。

  3. そして運が良ければ(あるいは別の方法で所有者と提携できるなら)、最低限必要なのは玩具を作る法的な許可だ。その場合、君は何かを(お金ではないとしても)お返しに提供することになる。

「オリジナル」のアニメの玩具を作ろうとしているのでなければ、代償か許可のための先行投資が必要になると思った方がいい。

つまり、君は所有者にコンタクトをとって頼む必要があるということだ。


↑コメント1(中国)
「ファンアート」を売る場合も許可が必要?


↑回答者1
これはグレーゾーンで、私は確信が持てない。

理由は、山ほどのアーティストがEtsyでファンアートを売っているからだ。彼らが「違法」だと気づいていないとは信じがたい。

Anime art | Etsy(英語)

とはいえ ― 彼らは許可を取っているのかもしれない。

関連記事:
外国人「クッパの女体化キャラ『クッパ姫』についてどう思う?」→「キャバノーのスキャンダルが原因だ」



■回答者2(ロシア)
イエス。アニメ会社のキャラクターデザインを許可なしに使って玩具を作ると、彼らはそれを停止させるか、告訴することができる。著作権の侵害になるからだ。

スクウェア・エニックス、ファンが3Dプリンタで作成した『ファイナルファンタジーVII』のフィギュアの販売を停止させる - The Verge(英語)

ロジャース対クーンズ訴訟 – Wikipedia(英語)

参考:
「ロジャースは、庭のベンチで夫婦が子犬を両腕にかかえる写真「Puppies」を撮影し、この写真のプリントはコレクターに販売されたり、絵葉書としての使用のためにライセンスされたりしていました。この写真を見たクーンズは、全く同じ構図で写真を忠実にコピーした彫刻「String of Puppies」を1988年に行われた「バナリティ・ショー」という展示で発表するために4体制作し、そのうち3体が合計36万7000ドルで販売されました。自らの写真が無断で使用されたことに気付いたロジャースは、写真の著作権の侵害だ、といって1989年に裁判を起こしました。」
現代アートと著作権侵害-フェア・ユースによる他者の著作物を素材とする表現の可能性 - ART LAW WORLD | アートワールドの法と倫理


↑質問者(アメリカ)
許可ってどうすれば取れる?


↑回答者2
権利を持っている人を見つけてコンタクトを取る。例えばメールとかで。

拒否されるかもしれないし、素晴らしき弁護士の世界に参入し、合法と認められるかもしれない。日本語を知っていると役に立つだろうし、玩具工場を持っているのも役に立つだろう。

もっと現実的な選択肢は、それほど有名じゃないキャラを創作している小物の作者に連絡を取ることだろうけどね。



スポンサーリンク



■回答者3
イエス。自分の製品に彼らのキャラクターの似顔絵を使うには、許可を取るか、ライセンスを買う必要がある。作った玩具を売ろうとしている場合は、彼らは利益の分け前を欲しがるだろうから、後者が必要になる可能性がある。そういうものなんだ。知的財産権は保護されているし、アニメスタジオのブランドの商標権もそうだ。



■回答者4
自分が個人的に使用するために作るのなら、ファン創作に分類される。これは許可なしでいい(君の子供がお気に入りのアニメキャラの絵を描くときに、許可を取るために電話しなくてもいいのはこのためだ)。

営利目的で作る(販売や展示によりお金を稼ごうとしている)のなら、ライセンスか、作者(または著作権を保有している人)の許可か、あるいはその両方が必要になるだろう。



■回答者5(中国)
まったく必要ない。アニメの玩具を作るのに必要なのは、それを作ってくれる中国の玩具製造業者にコンタクトを取ることだけだ。著作権で保護されていようがいまいが、彼らはお構いなしだ。

ただそれを売るとなると、まったく別の問題になる。

関連記事:
外国人「なぜ中国と韓国は日本をコピーしているの?」



■回答者6(アメリカ)
自分が個人的に使うか、友達への贈り物にするために作るだけで、売って金儲けをするのでなければ、問題ないはず。



翻訳元:Quora



こうして事前に確認するだけ立派ですよ・・・



関連記事:
外国人「アニメって人気があるのに、なぜ1期で終わってしまう番組が多いの?」




マンガで学ぶ知的財産管理技能検定3級最短マスター



スポンサーリンク