以前海外Q&Aサイトに管理人が書き込んでみた回答に対するコメントと、それに対する管理人のコメントを、いくつかまとめてご紹介。


元スレ:【答えてみた】「なぜみんな日本の旭日旗は戦犯旗だと思わないの? ナチスの党旗と何が違うの?」

管理人の回答の要旨:
  • 戦犯旗なんてものは存在しない。ナチス党のために作られた旗とは、成り立ちもまったく違う。
  • そもそも「戦犯旗」というのは韓国人がごく最近発明した言葉だ。
  • 2011年にサッカー選手キ・ソンヨンが起こした問題が発端となって、韓国人は反旭日旗キャンペーンを始めた。
  • 「戦犯旗」という言葉はその過程で2012年8月頃に発明された。これは実証研究から明らかだ。
  • 質問者は韓国人のようだが、韓国人は「戦犯旗」なんてものが存在すると本当に信じているのか?


■コメント1(アメリカ)
そうだな、私たちアメリカ人もこの旗が嫌いだよ。赤い点だけの普通の旗のほうは問題ないが、太陽の光が四方八方に伸びている戦旗は、攻撃性、暴力、死、破壊、征服、攻撃、殺人、虐殺、強姦、植民地主義、レイシズム、屈辱を与えること、軍国主義、超国家主義、そして苦痛を連想させるもののようだ。いずれの単語もあまり良い意味じゃあない。しかしとにかく、私はあの旗を見るとそう感じる。韓国人と中国人がどう感じるかは大体想像がつく。


↑回答者(管理人)
じゃあ、なぜ「あなたたちアメリカ人」とその海軍は、日本の海上自衛隊があの旗を使うことを許しているの?

1

660f98cb8d7cad7eec0bcd7efb5ee05e

自分が個人的に感じることを話すときに、「私たちアメリカ人」みたいな言葉を使うべきではない。非論理的だし、米国民の意見の多様性に対して失礼だ。


↑コメント1
了解した。言いたいことは分かった。明らかに、米国政府と多くのアメリカ人は興味も関心も持っていないが、しかしそれ以外の人々は帝国戦旗を使うことを攻撃的で不愉快だと思っている。また明らかに、多くのアジア人もそうだ。



翻訳元:Quora



元スレ:【答えてみた】「中国人と韓国人について、日本人は一般にどんな感情を抱いているの?」
元スレへのコメント:【続報】「中国人と韓国人について、日本人は一般にどんな感情を抱いているの?」管理人の回答への反応

管理人の回答の要旨(中国については省略):
  • 韓国については、2002年FIFAワールドカップの共催以来、特にネット上で反韓感情が強い。ちょっとどうかと思うこともある。
  • 最大のターニング・ポイントは李明博の天皇謝罪発言だろう。あれで一線を超えた。
  • 韓国は慰安婦問題についての合意も履行していない。
  • 私たちが韓国を嫌うのにも理由がある。日韓が和解できる余地はないと思う。


■コメント2(アメリカ)
日韓関係について君が言っていることを読んだ。両方の来歴(韓国人/日本人)を持つ者として、君の言うことすべてに同意する。私は生まれてからずっと米国で暮らしている。私は家族を通じてしか北東アジア(韓国、日本、満州)とは結びつきがない。

だから、私のこの見方は第三者としてのものだ。付け加えておきたいのだが、ここには外的な影響力も働いていて、残念ながらそれが韓国と日本の関係をいつまでも悪いものにしている。つまり北朝鮮と中国だ。少なくとも政治的な観点からすると、韓国と日本の連携を強化させないことは、特に中国にとって有利なことのようだ・・・

以上がこの問題についての私の意見だ・・・


↑回答者(管理人)
コメントありがとう。私の回答はいささか物議をかもすような問題を扱っているので、あなたからポジティブな反応をもらえたことにはちょっと驚いたし、すごく嬉しかった。

すでにご存知かと思うが、日韓関係は最近のレーダーロックオンをめぐる争いと、(いわゆる)戦時強制労働者をめぐる争いのため、かつてないほど悪化している。中国はどちらの件にも関与はしていないようだが、この状況が中国にとって好ましいものであることは明らかだ。

文大統領は、朴前大統領に対する韓国民の強い反感のもとで生まれたが、しかし韓国という国自体は、彼女が嬉々として中国の軍事パレードに出席して以来、中国/北朝鮮チームに加わろうとひた走っているように思える。もし韓国がいつか米国/日本チームを去るなら、それは彼らの選択なのだからどうしようもない。ただ米国の手綱から解放された韓国については、日本に対して確実に今以上に攻撃的になり、東アジアを今以上に不安定化させるだろうから、心配だ。



スポンサーリンク



■コメント3(韓国、米在住)
2002年のFIFAワールドカップは、なぜ日本人の中に韓国に対する悪い印象を作り出したのか? あれはもともと韓国が単独で開催を勝ち取っていて、ところが韓国は慈悲深いから二ヶ国の未来のためにまったくの善意で共催を申し出たということを知らないのか?

FIFAの全歴史を通じて、こんな慈悲と気前の良さと善意を見せた国が他にあるか?

もし、もともと開催を勝ち取ったのが日本だったら、日本はこれほどのレベルの慈悲と善意を見せただろうか?

まさか! 日本は例によって、あらゆる評判を自分ものだと利己的に言い張るだけだろう。


↑回答者(管理人)
2002年FIFAワールドカップが共催になった理由は、韓国の気前の良さではない。純粋にFIFA内部での、つまりFIFA会長ジョアン・アヴェランジェとUEFA会長レナート・ヨハンソンとの間の、政治的な闘争と妥協の結果だ。日本は1996年5月30日に初めて非公式に共催の打診を受けた。打診したのはFIFA事務局長のゼップ・ブラッターで、韓国ではない。翌日、日本は共催の申し出を受諾する旨の文書を公式にブラッターに渡した。韓国にではない。そしてFIFAは共催を決定した。

それに、もし韓国が気前の良さから日本に共催を申し出たというのが事実だったとしても、それで韓国のダーティーなプレイが正当化されるわけではない。あなたの隣人がものを盗んだら、彼がどれだけ親切な人だったとしても、あなたは必ず警察に通報するだろう。親切だからという理由で彼の罪を見逃すのは、不公正だし偏っている。

残念ながら、あなたのコメントは事実に基づいていないし、非論理的だ。


↑コメント3
FIFAが日本に共催を提案できたのは、韓国が明示的にか暗黙的にか同意を与えていたからだ。もし仮に韓国が共催というアイディアを拒否していたら、日本への提案は確実に見込みのない試みになっていただろう。

ちなみに、韓国が単独でこの試合を開催することになっていたという点については十分な支持があり、以下のソースによって証拠立てられる ― 「この妥協策が告知された後、FIFAウォッチャーたちは投票数を数え、韓国は明らかに開催を勝ち取るだけの十分な支持を得ていたと言った。その後、最終戦をどこが開催するかをめぐって論争が起こった。最終的に、韓国が第1試合と2つの準決勝試合を開催し、かつ大会名で国名を先に使うのを許される(“Korea-Japan World Cup”)ことで、日本が最終戦を開催する許可を与えられた。」日本とサッカーワールドカップ | Facts and Details(英語)

ダーティーなプレイというのは議論の余地のある問題だ。私は当時試合を追いかけていなくて、実際ほとんどの試合を見逃したので、実際に起こったことと本当のプレイの様子について、当時の背景と実際の場面を知らないから支持も批判もできない。これについて自分の意見を言うには、昔の試合の動画をいくつか見る必要があるだろう。

しかし、君の出している比喩は実際には韓国よりも日本によく当てはまるようだ。つまり、人の功績を横取りし、その功績は自分のもので自分だけの手柄によるものだと主張する隣人というあたりが・・・。そしてこの場合、盗みをするこの隣人は、いつもそうだったように、慈悲深くもなければ善意もなかった・・・


↑回答者(管理人)
あなたのコメントは事実に基づいていない、と言った。「明示的にか暗黙的にか」とか「もし仮に」とか言うのではなく、いつ誰がそんな同意を与えたのか教えてもらいたい。

「君の出している比喩は実際には韓国よりも日本によく当てはまるようだ」 ― 期待どおりの反応ありがとう。盗みをする隣人という比喩は、あなたが偏った変えようのない信念から出発し、人の話を聞かず、そのためある種の単語には自動的に反応するような人かもしれないと思ったので、意図的に使った。盗みをする隣人というような語句を見た途端、あなたは日本のことしか考えられなくなり、「悪いことをするのはたとえ行為者が善人であっても悪いことだ」という私の論点が見えなくなり、最初のコメントでは韓国の気前の良さを受け取っているだけだった日本を、積極的な泥棒に変えてしまった。もう一度言わねばならない:あなたのコメントは非論理的だ。

最初のコメントでも、あなたは「もし、もともと開催を勝ち取ったのが日本だったら」とまったく無意味な仮定をし、この妄想から「日本は例によって、あらゆる評判を自分ものだと利己的に言い張るだけだろう」という結論を引き出している。日本を(あるいはどの国でも)、自分の妄想で中傷するのはやめてもらいたい。


↑コメント3
ああ、じゃあ君は私をそう仕向けるために、計画的な悪意を、というより卑怯な意図を持っていたわけか。まったく君らしいね・・・(出勤途中なので、後でまた追記する。)

※以下追記版:

ああ、じゃあ君は私をそう仕向けるために、計画的な悪意を、というより卑怯な意図を持っていたわけか。まったく君らしいし、倫理的でもないね・・・

共催には、定義上、あるイベントを文字通り共催することに二つの集団が同意することが含まれる。一方が拒否すれば成立しないことは明らかだ。したがって、もともと単独で開催を勝ち取っていた韓国(前のコメントにソースへのリンクがある)が、FIFAが共催を提案したのを断っていたなら、そもそも共催なんてことはなかっただろう。これが論理的に明白であり真であると結論するのに、大した演繹は必要ない。つまり韓国が、日本に共催を許すというFIFAの提案に同意していたことは、一点の疑いの余地もない。これ以上の説明も証明も不明だと思う。

さらに、盗みをする隣人という君の比喩は不当で、意図的にミスリーディングなものだ。盗みをする隣人に韓国を喩える根拠は何だ? 君の主張するダーティーなプレイなるものか? これが議論の余地のある問題だということはすでに言ったし、もし本当だとしても、何が何でも韓国を侮辱するという悪意から考え出された、意図的にミスリーディングで誤った比喩だ。こんな小さな手がかりからも、君が穏健で論理的な仮面の影に隠れた、上から目線の弱虫であることはきわめて明らかだ。結局のところ、ダーティーなプレイはどの基準に照らしても盗みという犯罪に等しいものではない。そして悪事と言うなら、日本が歴史を通じてその隣人たちに対して犯してきた実際の犯罪に照らせば、日本はこんな主張を隣人にできる立場にはまったくない。それに、意図的に計画された悪意ある比喩で最初に韓国を中傷し始めたのは君のほうで、逆ではないということも思い出すべきだ。

さらに、君の言っていることから判断するに、君は私についてずいぶん色々と決めてかかっているように思える。どうやら君は、自分で言うほど事実と論理に基づく人間ではないようだ。


↑回答者(管理人)
「韓国が、日本に共催を許すというFIFAの提案に同意していたことは、一点の疑いの余地もない」 ― オーケー、韓国が気前の良さから同意を与えたことを示すわずかな証拠すらあなたは持っていない、ということがよく理解できた。あなたはなぜか自分の議論を「演繹」と呼んでいるが、事実に基づかないこのような論理の操作は、一般には推測、憶測、または仮説と呼ばれる。

「盗みをする隣人に韓国を喩える根拠は何だ?」 ― 私がどこで韓国を泥棒に喩えているのか教えてもらいたい。盗みをする隣人は例にすぎず、「人の性質は人の行為を正当化しない」という一般原則を説明する文脈で登場している。比喩自体は韓国を侮辱する悪意をまったく含んでいない。比喩の中の人物が悪人一般ではなく直接韓国を指すというのは、あなたの理解でしかない。私は比喩を使った、あなたはその比喩の中の語句に脊髄反射した、それだけのことだ。

「君は私についてずいぶん色々と決めてかかっているように思える」 ― あなたについてはプロフィール以上のことは何も知らないが、しかし最初のコメントで非現実的な仮定だけに基づいて「日本は例によって、あらゆる評判を自分ものだと利己的に言い張るだけだろう」と言っているのは、あなたがどんなタイプの人間かを推測するのに十分だった(そしてあなたはそれを証明してくれた)。「例によって」みたいな言葉から、あなたがすぐに歴史問題に言及するであろうことも予期していた。次は何? 独島?



翻訳元:Quora



翻訳元サイトのコメント欄は、ログインしないと見られないようなのでご注意ください。

コメント3の方はニューヨーク市立大学教授(経済学)という肩書で、実名で検索してもヒットするのでたぶん本当なんですけど、そういう人がこんなコメントしてくるんだなあ、と思いました。




韓国人の癇癪 日本人の微笑み




スポンサーリンク