海外Q&Aサイトの「肥満の観光客にとって日本ってどう?」という質問から、回答をご紹介。


973753

■回答者1(アメリカ)
初めに言っておきたいのは、僕はただの肥満じゃなくて、すごい肥満だ。日本に行く時にエコノミークラスで複数の席を使う件については、詳細に立ち入るつもりはない。これは全く別の質問になるからね。

過去数年間で日本には2回行った。初めは一人で、経験もゼロの状態だった。成田まで飛行機、それから新幹線に飛び乗って北海道へ行った(海底トンネルを通る新幹線がその週に開業した)。レンタカーで北海道じゅうを3,000km以上、3週間以上かけて回った。泊まったのはビジネスホテル、旅館、何度かはB&B(※Bed and Breakfast、一泊朝食付きの民宿)タイプのとこで、どこも到着してから行き先を選んだ(それも大急ぎで)。移動のしやすさは、問題はないけど素晴らしいってほどじゃなかった(中枢神経系損傷で杖を使った)。

2回目は友人3人と一緒で、僕の移動性は1回目の時よりも悪くなっていたので(最近は松葉杖を使っている)、荷物を運ぶのは友人の1人が手伝ってくれた。成田に飛んで、列車で四国へ行き(道後温泉に滞在)、レンタカーを借りて本州の中北部から東京までを2週間半かけて回った。今度の移動は2,000km。宿泊は地元のホテル、温泉も何度か、あと一晩はお高すぎるコンラッド東京にも泊まった。

2度の旅行を通じて、僕の体重は日本ではアメリカと同程度しか問題にならなかった。むしろ日本人の方がこれについては礼儀正しかったぐらいだ。じろじろ見られることはアメリカよりは少ないし、嫌な顔をされたり、大声で/あからさまな言葉をかけられることはなかった。地元の北カリフォルニアの方がずっと酷い目に遭う。ホテル、旅館、温泉のスタッフは皆すごく親切で、僕のサイズが問題になると助けてくれた。サイズが原因で怒鳴られたり、意地悪されたり、追い払われたりすることは一度もなかった。

ただ施設面で言うと ― そうだな、座席はアメリカのよりずっと小さいし、軽い家具を壊さないように普段より気をつける必要があった。新幹線では肘掛けを上げて2つ分の席に座らなければならなかったし、追加料金を出してグリーン車に乗った時はもっと悪かった(座席はちょっと大きめなんだけど、肘掛けが上げられないから2つ分の席が使えなかった ― お陰でひどく座り心地は悪かった。君が僕と同じぐらい太ってるなら、グリーン車はやめとけ)。

ホテルに関しては問題なし。ビデを備えたスマートトイレが至る所に(列車の中にさえ!)あって、これは肥満の人間にとっては神の贈り物だ。しかも非常に頑丈で、サイズもかなり大きい。シャワーと、ビジネスホテルにたまにあった小さいバスルームは試練だったが、しかし正直アメリカの安ホテルよりはましだった。たまに食堂で肘掛けなしの椅子を所望しなければならないことがあって、気まずかったけど、でもそう大した問題ではない。

もう一つ考慮が必要なのは、日本を訪れる観光客としては僕は珍しい部類だということだ。つまり、レンタカーで移動したんだ。それも沢山。これはどこへ行くにしても僕にとって安全に座っていられる場所になってくれて、人の邪魔にならずに済んだ。また電車だけだと見られないような場所へも沢山行けた。公共交通機関(秋葉原の地下鉄、都市間の新幹線、松山の路面電車)に乗る必要があった時は、問題はなかったけど、いつも人を押し出してしまっているような気がした。それで騒ぎ立てる人はいなかったけど、間違いなく迷惑だったと思うね。

レンタカーについて言うと、あらゆるサイズが揃っていて、思った以上に多くの車に乗れた! しかも素晴らしく安いんだ。ただしプリペイドのETCカードを買っておくこと。じゃないとレンタカー料金の2~4倍を高速道路料金に使うことになる! あるいは、高速道路を使わずに時間をかけて移動する計画をしてもいい(出来ない場合もあるが)。とにかく国際運転免許証を手に入れて出発だ。道の逆側を走るのは簡単だし楽しい。

肥満だったり移動に制限があったりして本当に不都合なのは、徒歩と公共交通機関で観光をしに東京みたいな大都市へ行く時だ。大抵の場所には座って休めるような場所がほとんどないし(ベンチ? 誓って言うが東京にはないぞ!)、問題は山のようにある。歩行に問題があるならレンタカーを借りるか、タクシーやUberにかなりの小銭を注ぎ込むかした方が良い。僻地や小都市の方がずっと良い。どこに行くにも歩きが前提じゃないから、何でも車に乗るのが普通なんだ。

まとめると:日本の人たちは素敵だ。体重の問題でからかわれたり、不当な扱いを受けることはない。全体として、太っていてもアメリカより全然悪くない(からかうという点についてはアメリカ人の方が遥かに露骨だ)。移動に制限があるなら、車で日本中を回って楽しんでほしい。



■回答者2
考慮すべき点としては:
  • 日本では肥満を指摘するのはそれほど失礼なことではない。日本では肥満が余りないことと合わせると、もし君が傷つきやすいタイプなら、行かない方が良いと思う。とは言ったものの、観光客としてはそういう目に遭うことは恐らく滅多にないだろう。
  • 東京や大阪、その他の大都市では、ほとんどの場合徒歩での移動が前提だ。タクシーは遅くて比較的高いし、駐車は無理。東京で毎日の通勤に車を使っている人はたった12%だ。観光客としては、(主に市街地にいるので)歩くことに長い時間を費やすことになる可能性が高い。
  • 列車の座席は君を収容できるサイズではないことがある。

関連記事:
外国人「日本は性差別的だって言うけど、男の方が惨めだよ」



■回答者3(アメリカ)
ハイ。日本に住んでいるアメリカ人よ。背景として言っておくと、私は5フィート9インチ(※約175cm)の女性で、体重は200ポンド(※約91キロ)。ANAでシカゴから日本に行った。フライトは何も問題なかったわ。こっちに来て8ヶ月だけど、今のところ、あなたが日本を訪れるのを思いとどまる理由になるようなことには遭っていない。日本人にも肥満の人はいる。ごく普通だし、だから典型的な日本人のほっそりした体型ではないと絶対ダメなんて考えなくていい。何度もあったけど、衣料品店で大きめのサイズがあるかと聞けば、普通に出してくれる。日本人は大きめの人たちを無視したりはしない。裸で歩き回っている日本人なんて見たことある? ないでしょ。

私は超肥満とかいうわけじゃないからこれ以上は何とも言えないけど、でも私は自分の体脂肪分布のお陰で日本を楽しんでるわ。誰かに迷惑をかけていると感じることもなく、快適に日本ではやって行ける。バスや電車にも快適に乗れるし、モールへも行けるし、アメリカにいた時と全く同じように生活できる。この回答が役に立つか分からないけど、身長体重が私と同じぐらいなら大丈夫よ。



翻訳元:Quora



バリアフリーも浸透してると思いますし、安心して楽しんで行ってほしいですね。




アメリカ人はなぜ肥るのか (日経プレミアシリーズ)



スポンサーリンク